キャッシングニュース


第三者割当増資転換社債も発行-アイフル、2月末に/京都新聞(2月13日)

アイフルは13日、総額1200億円の資金調達を決定した、と発表した。2月末に第三者割当増資と新株予約権付の転換社債を発行する。調達資金は営業貸付金などの運転資金に充当する予定で、財務基盤を強化し、事業者ローンなど成長分野の事業を拡大する。
第三者割当増資は、福田吉孝社長とその親族が経営する資産管理会社の山勝(京都市西京区)が計500億円を引き受ける。引き受け後の山勝の持ち株比率は9・43%から17・13%になる見込み。また、総額700億円のユーロ円建て新株予約権付社債は野村証券がグループ会社を通じて全額買い取る。
アイフルは、貸金業規制法改正の影響による貸付金の減少や利息返還請求の増加を受け、引当金を大幅に積み増した。この影響で、2007年3月期の連結自己資本比率は前期比13・0ポイント減の11・4%となった。第三者割当増資と社債発行で連結自己資本比率は18・2%に改善する見込みで、同社は「信用力を高め、新規投資を拡大したい」としている。


モバイルキャッシングTOP


【掲載会社一覧】
モビット/DCキャッシュワン/ディック/レイク/ネットカード/OMC/スタッフィ/アイフル/アコム/武富士/プロミス/プリーバ/キャッシング掲載一覧/クレジットカード一覧


(C)モバイルキャッシング