キャッシングニュース


詐欺:ヒトシ→カズシ、読み方変えて別人に-消費者金融から現金詐取し有罪/茨城/毎日新聞(2月8日)

名前の読み方を一部変えただけで他人になりすまし、消費者金融(キャッシング)から現金10万円をだまし取ったとして、詐欺罪などに問われた住所不定、無職、萩谷(はぎや)一志(ひとし)被告(46)に対し、水戸地裁は7日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑・懲役2年6月)を言い渡した。河村潤治裁判長は「電話による融資システムの盲点をついた巧妙で悪質な犯行だ」と指摘した。判決などによると、消費者金融の返済が滞って借り入れができなくなった萩谷被告は06年3月「ハギヤカズシ」の名でアコムのコールセンターに電話。うその生年月日を告げて融資を申し込み、水戸市内の銀行口座に10万円を振り込ませた。後に届いた契約書類の振り仮名欄も「カズシ」と偽造。生年月日を書き換えた偽造運転免許証のコピーをつけて同社水戸支店に送付し、他人と信じ込ませた。萩谷被告は、健康保険の手続きで水戸市役所を訪れた際に、窓口の職員から「ハギヤカズシさん」と呼ばれた経験から「読み方が違うだけで別人になれる」と思いついたという。

モバイルキャッシングTOP


【掲載会社一覧】
モビット/DCキャッシュワン/ディック/レイク/ネットカード/OMC/スタッフィ/アイフル/アコム/武富士/プロミス/プリーバ/キャッシング掲載一覧/クレジットカード一覧


(C)モバイルキャッシング