キャッシングニュース


消費者金融が続々貸出金利下げ 狙いは新規客の獲得?/J-CASTニュース(10月20日)

2009年末までに上限金利を年29.2%から15〜18%に引き下げる貸金業法の規制に、前倒しで対応する消費者金融(キャッシング)会社やクレジットカード会社が増えてきた。三菱UFJ系のアコムモビットDCキャッシュワン、三井住友銀行系で三洋信販と経営統合するプロミスアイフル武富士、JCBなど、続々と引き下げている。貸出金利の引き下げは、グレーゾーン金利による利息の過払い請求の問題とともに消費者金融の収益を悪化させる要因のひとつではあるが、前倒しの狙いは「新規顧客の獲得」にあるという。

アコムモビットアットローン、JCBなどが先行

貸出金利を年15〜18%に引き下げているのは、アコムモビットアットローンといったメガバンク系の消費者金融(キャッシング)や、クレジットカード大手のJCBなどが先行。これにアイフル武富士、新生銀行系のノーローンなどが追随。「ディック」「ユニマットレディス」のブランドで営業を展開するCFJ(シティグループ)は年12.88〜17.88%を打ち出した。

しかし、「レイク」を展開するGEコンシューマー・ファイナンス(年18.0〜29.2%)や、プロミスアイフルなどの大手消費者金融などは既存顧客の上限金利については、従来どおり年25%〜29.2%のまま。三井住友系のプロミスは10月から、インターネットや携帯電話での申し込みについて、年17.80%とするサービスを開始。武富士の「ファーストプラン1・2・3」も新規顧客に限り年18%以下の貸出金利を設定したもので、消費者金融業界で「新規顧客」の獲得に狙いを定めた競争が激化しているようすがうかがえる。

ある消費者金融の関係者は「金利を引き下げた効果で、新規顧客は伸びています」と話す。しかも良質な顧客の獲得につながっているという。金利の引き下げとともに広告媒体を工夫したことが奏功しているようだ。

戻る
モバイルキャッシングTOP


【掲載会社一覧】
モビット/DCキャッシュワン/ディック/レイク/ネットカード/OMC/スタッフィ/アイフル/アコム/武富士/プロミス/プリーバ/キャッシング掲載一覧/クレジットカード一覧


(C)モバイルキャッシング