キャッシングニュース


消費者金融-借り換えで返済増額、訴えた主婦に賠償-仙台/毎日新聞(10月3日)

消費者金融(キャッシング)大手のアイク(現CFJディック・ユニマットレディス)とアイフルの2社に「利率が低くなる」などと勧められ不動産担保ローンを両社間で何度も借り換え逆に支払額が増加したとして、仙台市太白区の主婦(68)が両社を相手取り計330万円の損害賠償を求めた訴訟の和解が3日、仙台地裁(伊沢文子裁判官)で成立した。アイフルが130万円、CFJが20万円支払う。主婦側代理人の佐藤靖祥弁護士は「債務者を『キャッチボール』して不動産を奪う行為で、違法性を実質的に認めた全国初のケース」としている。
訴状によると、主婦は88年、自宅を担保にアイクから360万円の融資を受けた。91年、「うちの方が利率が安い」と勧誘されアイフルから700万円の融資を受けて借り換え。その後も2社の勧誘を交互に受けて借り換えを重ね、違約金などを含めて総支払額は1940万円以上に達し自宅を2度手放した。
CFJは「円満な形で解決したと考えている」、アイフルは「お客様のためには早期解決を図るべきと考えた」とコメントした。

戻る
モバイルキャッシングTOP


【掲載会社一覧】
モビット/DCキャッシュワン/ディック/レイク/ネットカード/OMC/スタッフィ/アイフル/アコム/武富士/プロミス/プリーバ/キャッシング掲載一覧/クレジットカード一覧


(C)モバイルキャッシング