キャッシングニュース


<プレスリリース>クオーク「クオークカード」「クオークカード ミニモ」を発行/毎日新聞(7月2日)

三井住友銀行グループの信販会社、クオーク(本社:東京都港区、社長:仁瓶眞平)は、7月2日(月)より、クオークカードの新ラインナップとして、ユニークな支払方式を採用した2種類のクレジットカードの発行を開始いたします。

新「クオークカード」は、これまでリボ払い専用カードであった「クオークカード」を全面リニューアルし、「翌々月1回払い」という、これまでの一括払いの常識である「翌月1回払い」の概念を破った、新しい支払方式を導入しています。この支払方式の導入により、お客さまは支払いまでの期間に、従来比プラス1ヵ月間の余裕を持つことができます(その期間の手数料は不要です)。この他にも、ご利用後にリボ払いに変更できる「やっぱりリボ」機能を追加し、お客さまにとって、より利便性の高いカードとなっています。

「クオークカード ミニモ」は、これまでの「クオークカード」のリボ払いをより進化させた、リボ払い専用カードです。毎月の返済額を決定する返済比率は、カードお申し込み時に5%、10%、30%の3種類から選んでいただけるので、お客さまはこれまで以上に毎月のマネー計画が立てやすくなり、ライフスタイルに合わせた無理のないお支払いが可能になります。

2つのカードは、ともに年会費無料。またポイントキャッシュバックで、積み立て期間中に一定ポイント以上を獲得されたお客さまに対し、自動キャッシュバックする特典も付いています。自動キャッシュバックは、ポイント交換の手間や交換忘れなどもなく、お客さまにとってお得な特典となっています。

また昨年12月に貸金業規制法、利息制限法等が改正され、今後、貸付の上限金利の引下げが予定されていますが、この2種類のカードは先行してキャッシング利率を実質年率18.0%としています。

「クオークカード」「クオークカード ミニモ」へのお申し込みは、ホームページ(http://www.quoq.co.jp)で受け付けるほか、三井住友銀行の店舗内にも入会申込書を設置し募集を行う予定です。

今後もクオークでは、「お客さまの理想を実現するよきパートナー」として、「クオークカード」、「クオークカード ミニモ」の一層の利便性向上を図るとともに、お客さまのニーズに応じた魅力ある商品・サービスの開発に努めてまいります。


モバイルキャッシングTOP


【掲載会社一覧】
モビット/DCキャッシュワン/ディック/レイク/ネットカード/OMC/スタッフィ/アイフル/アコム/武富士/プロミス/プリーバ/キャッシング掲載一覧/クレジットカード一覧


(C)モバイルキャッシング