キャッシングニュース


静岡市:過払い金を市税充当150万円2社から差し押さえ/静岡/毎日新聞(5月8日)
静岡市は7日、清水区内の市税滞納者が借金をしていた大手消費者金融(キャッシング)とクレジットカード信販会社の計2社から、グレーゾーン金利による過払い金約336万円を回収し、うち150万円を市税に充てたと発表した。全国的に消費者金融への過払い金を差し押さえて市税を回収するケースは広がっており、県内でも先進的な事例となる。

グレーゾーン金利は利息制限法(15〜20%)と出資法(29・2%)の上限金利の間の金利。最高裁の判例では、利息制限法を超えた金利の利息は、支払う必要がないと示された。

同区納税課によると、昨年10月、計1856万円(当時)の市税滞納があった同区内の20人からの回収を検討。20人は消費者金融(キャッシング)約10社に計2606万円分の過払い金があったため、返還請求権を差し押さえると各社に通知した。

各社は「本人の了解は取れているのか」「過払い金はない」などと異議を申し立てたが、交渉の末、2社は4人の過払い金を支払った。4人の滞納額は150万円で、残りは市が滞納者に返還した。さらに別の4人は、民事再生手続き中のクレディアの利用者のため、同社の再生計画に沿った支払いを見込んでいる。残る12人については大手5、6社と交渉中だが支払いのめどは立っておらず、市は「応じない場合は訴訟も辞さない」としている。県も昨年12月と今年4月、県税滞納者の過払い金から160万円を回収している。


戻る
モバイルキャッシングTOP


【掲載会社一覧】
モビット/DCキャッシュワン/ディック/レイク/ネットカード/OMC/スタッフィ/アイフル/アコム/武富士/プロミス/プリーバ/キャッシング掲載一覧/クレジットカード一覧/キャッシングニュース


(C)モバイルキャッシング