キャッシングニュース


レイク買収、アコムが有力に/産経新聞(5月7日)
米GE子会社のGEコンシューマーファイナンスが「レイク」の名称で展開する消費者金融(キャッシング)部門の売却先として、消費者金融(キャッシング)大手のアコムが有力になっていることが、7日までにわかった。アコムがレイクを買収すれば貸付金残高は2兆円超となり、プロミスと三洋信販のグループ(約1兆8000億円)を抜いて国内最大となる。

レイクの売却先をめぐってはアコムのほか、プロミスや新生銀行などが入札に参加したもようだ。GEコンシューマー・ファイナンスは各社が提示した買収額の高さや事業計画などを考慮に入れ、早ければ5月中にも売却先を1社に絞り込むとみられる。

上限金利の引き下げなど規制が強化され、消費者金融の市場規模は急速に縮小している。GEコンシューマー・ファイナンスは先行きの経営環境も厳しいとみて、売却先を探していた。

プロミスが昨年、三洋信販を子会社化したほか、米金融大手のシティ・グループが「ディック」の名称で展開する日本の消費者金融子会社の売却を検討するなど、消費者金融(キャッシング)業界の再編が加速しそうだ。



戻る
モバイルキャッシングTOP


【掲載会社一覧】
モビット/DCキャッシュワン/ディック/レイク/ネットカード/OMC/スタッフィ/アイフル/アコム/武富士/プロミス/プリーバ/キャッシング掲載一覧/クレジットカード一覧/キャッシングニュース


(C)モバイルキャッシング