キャッシング-よくある質問集

悪質業者の見分け方を教えてください。

他の貸金業者に比べ超低金利(1%、2%など)で広告していたり、連絡先が携帯電話番号のもの、また、全く契約の覚えのない会社から「30万円の融資枠ができています」といったDMは悪質業者によるものと考えてください。悪質業者の広告では「安心できる登録業者」とうたって登録番号を掲載しているものがありますが、登録していることが信用できる基準とはなりません。申し込んだ時「他社を紹介する」と言ったり、何らかの理由を付けて金銭を要求するものは悪質業者の手口です。



借入が増えて返済も滞っています。破産するしかないでしょうか。

返済が困難になった場合には、まず借入先に支払い条件の見直しをご相談になって下さい。また同時に、おひとりで悩まずに家族の方などと相談をすることも大切です。業界では債務の返済に関する相談機関として「日本クレジットカウンセリング協会」「金銭管理カウンセリングサービス」などのキャッシング相談窓口があります。 また、債務整理が必要な場合には弁護士に相談して下さい。



家族が借金したまま行方不明になっています。残された家族に返済義務はあるの?

保証人になっていない限り返済の義務はありません。



金利は「実質年率」として表示されますが、計算の方法が分かりません。同じ金利でも支払い方によって利息金額が変わるのですか?

金利の表示は「1年間借りた場合に元本に対してかかる割合」として表示されます。実際に支払うのは借り入れた日数で計算しますから、表示されている年率÷365×借入日数を元本にかけたものが利息金額となります。例えば金利が29.2%で、30日後に支払う場合には、29.2%÷365日×30日=2.4円×10万円=2400円(利息) となり、元本が10万円とすると利息金額は2400円になります。元金が減少していけば利息金額も減少していきます。従って、同じ金利でも、支払期間が短い方が支払利息金額は少なくなりますし、同じ1年間での支払いでも1年後の一括返済と12回の分割返済では分割返済の方が利息金額は少なくなります。



延滞しているわけでもないのに限度額を引き下げられました。

消費者金融会社の多くでは、過剰融資防止義務の観点から、契約後の返済能力の変化を随時チェックしており、他社からの借入が増加するなど、返済能力が低下に繋がる要件が認められた場合には限度額を引き下げています。



1週間ほど延滞をしてしまいました。ブラツクリストに載ってしまっているのでしょうか。

個人信用情報機関に登録されている情報は、本人を特定するための属性情報と借入に関わる情報です。いわゆるブラックリストというのは「異動情報」といって、延滞や債務整理など契約通りの返済が行われなかったものを指します。しかし、延滞といっても、短期間のものでしたら情報機関に登録されることはありません。


モバイルキャッシングTOP

【掲載会社一覧】
モビット/DCキャッシュワン/ディック/レイク/ネットカード/OMC/スタッフィ/アイフル/プロミス/三和ファイナンス/アコム/武富士/ノーローン/アットローン/ポケットバンク/プリーバ/ジャパンネット銀行/キャッシング掲載一覧/クレジットカード一覧/キャッシングニュース/アコムむじんくん検索/アイフル店舗検索/武富士えんむすび店舗検索/プロミス検索/ノーローン店舗検索/無料法律相談
(C)モバイルキャッシング